ビジネスローン即日融資の銀行はどこ?おすすめ口コミランキング!

銀行系のローンの名前を見ているとよく目にする単語があります。

それは「アクティブ」というフレーズです。

どういったものか確認すると中小規模の会社もしくは個人事業主向けのローンのことでした。

検索して上位に出てきた沖縄銀行の場合では利用条件を見ると無担保、第三者保証人不要で審査を行えるようです。

このよう地元に営業所などを持っている企業を対象に事業転換をする際の設備投資資金や運転資金に良いのではないでしょうか。

ただし、銀行機関の行うビジネスローンなので審査期間は長くなりがちです。

そのためすぐに資金を集めたいという方はノンバンク系のローン利用をお勧めします。

世の中に色々なビジネスローンがあります。

その中には、一般的に想像する銀行系のローンやオリコなどのノンバンク系のローンもあります。

ここではノンバンク系のローンの申し込みの流れを確認しましょう。

まずはじめに提出する書類を確認しましょう。

多くの場合、提出が必要なのが決算書です。

決算書以外ではローン会社ごとに商業登記簿謄本などが必要な場合もあります。

これらの書類が揃ったらあとはHPから申し込むだけです。

ネット申し込み時には健康保険証など本人確認書類が必要になるので忘れずに用意しましょう。

審査期間については最短で即日というローンもあるようです。

融資で資金調達を検討する際に最も重視するのはどの部分でしょうか。

それは金利です。

できることなら低金利で融資をされたいですよね。

そこで、今回は金融機関による金利の相場を調査してみました。

政府系金融機関の融資を受ける場合は、担保がなくても2%前後、有担保になると1%台での融資も行われるようです。

一般的に融資と聞いてイメージする銀行機関の融資では三菱UFJ銀行ビジネスローンの場合、限度額5000万円で年2%台からと低利子ですがほとんどの場合で担保が必要になります。

最後に、ノンバンク系のローンの場合は最低6%から最高18%と幅がとても広くなっています。

ネットを見ているとこんな噂を見かけました。

それは「審査が甘い」という内容のウワサです。

結論から言うと、そんなわけありません。

基本的には金利を見ると厳しさがわかりやすいです。

銀行融資など低金利になるほど厳しく、一般的にイメージする銀行融資の場合、例えば、銀行融資では事業計画書を提出する必要がありますが1から2ヶ月かけて書いてあることを精査します。

他にも提出した様々な書類から多角的に審査します。

ノンバンク系ローンでは早い会社では即日融資と早さが違います。

ビジネスローンで資金集めをしようと考えている方、どのローンで工面しようと思っていますか?ジャパンネット銀行のローンで借入するのはいかがでしょう。

このローンの長所として、ご利用限度額の範囲内なら何度でも追加で借入することができるという点があります。

他のローンでは、追加で借りる際には毎回、審査が必要になるのですがこのローンでは不要です。

申し込みもHPからで完結するので店舗へ行かなくていいのも楽ですね。

しかし、申し込むには1つ前提条件があります。

それは、Yahoo!ショッピングやヤフオクへの出店歴があるかという内容です。

そのため、Yahoo!ショッピングやあヤフオクへ出店している人にオススメのローンです。

中小企業における設備投資や取引先への支払いなど短期的に短期的に解決してくれるのがビジネスローンですがそもそも事業者向けローンとはどういった制度なのでしょうか。

一般的なキャッシング(カードローン)は個人を対象にしており、利用目的は基本的に自由ですが事業目的の利用はできません。

引用:http://www.artexpoarezzo.com/

一方でビジネスローンは事業者だけを対象にしたものになります。

事業目的の融資は銀行を想像する方も多いと思いますが融資までの時間をかけたくない方にはノンバンク系の金融機関をお勧めします。

ノンバンク系の多くのローンでは担保が原則不要となり即日融資が行われるところもあるくらい対応が早いです。

資金集めに悩んだ際に頼りになるビジネスローンですがどういった基準で借入先を選べば良いのでしょうか。

ウェブ上の口コミなどをもとに調べてみました。

やはり一番言及されている数が多いのが融資までの速さのようです。

一例を挙げると審査の回答まで最短60分というローンもあるくらいスピーディーに行われます。

他には、クレジットカード会社のオリコが行っているなどの会社情報やローン利用者が累計でどのくらいいるかなどの信頼性を理由に選んでいる方も多いようです。

その他に確認しておきたいのは最大限度額や金利、返済計画を立てる上で大切な最長返済期間ではないでしょうか。

多くのローンのHPでは返済シミュレーションができるので活用してください。

経営者の方の中には、うまく事業が回らなくて赤字決算になってしまった、なってしまいそうなのでビジネスローンで資金集めを考えている方もいるのではないでしょうか。

そこで気になるのが赤字決算でも融資審査に通るのかということです。

ローン審査の仕組み上、決算書を見て利益が出ているとわかる会社の場合利益が出ているから毎月の返済が?円までできると判断され融資が行われるのですが赤字の場合判断材料の利益がないので当然審査に通りにくくなります。

しかし、赤字決算でも審査に受かる可能性があるケースもあります。

例えば、減価償却費による赤字や特別損失による赤字、他には十分な担保がある場合や決算書提出不要のローンを利用する場合です。

何かしらの手続きをする際に必要なものといえば何を思い浮かべますか?ほとんどの方は書類を思い浮かべるのではないでしょうか。

でも手続きごとに必要書類が違って用意するのが面倒なんですよね。

ここではビジネスローンを借りる際に必ず用意しなければいけない書類を調べてみました。

①運転免許証などの本人確認書類 ②2期分の決算書や確定申告書基本的にはノンバンク系のローンではこの2点が揃っていれば審査が受けられますが場合によっては、納税証明書などの書類を追加で求められます。

ローン会社によっては1期分の決算書でOKという会社もあるようです。

銀行融資の場合にはこれ以外に貸借対照表などの様々な書類が必要になります。

また、銀行融資を初めて行う場合は製品やサービスのわかる資料なども必要です。

最近、フリーランスや個人事業主など大企業に比べて小さい規模でビジネスを行ういわゆる「スモールビジネス」が増えています。

市場におけるスモールビジネスの割合は多くを占めますがやはり資金面は大企業に比べると不安定になりがちです。

実際に2009年から2014年にかけて中小企業は39万社減少しており、小規模事業者の廃業が非常に多いそうです。

中小規模の会社では短期間での融資のニーズが多くそのニーズに応えるのがビジネスローンです。

特にbusinextはスモールビジネス向けローン会社としては最大手と言われています。

ビジネスローンが選ばれている理由を見てみると担保が原則不要といった面や書類の提出から融資までのスピード感が理由のようです。

ビジネスローンで資金繰りをしている方の中には今借りているローンよりも低金利で貸してくれるローンを見つけたから借り換えを検討しているという方もいるのではないでしょうか。

ただ、そういった行為ができるのかわからない方もいると思いますので調査してみました。

結論から言うと別の金融機関への借り換え行為はできますのでご安心ください。

どういうことかというと、ビジネスローンは使用目的が自由なのでA社からの借入金をB社から借り入れたお金で支払いしたところでA社からすると貸していた事業者から完済してもらっただけということになります。

なのでA社からすると拒否する理由もないからです。

同じように銀行融資や公的融資、有担保低金利ローンへの借り換えもできます。

設備投資をしたいけど予算がない、集金ズレが発生してしまった、そんなときに利用を検討するのがビジネスローンです。

ビジネスローンには様々な長所があります。

例えば、銀行融資と違い担保や保証人が原則不要なことや審査から融資までスピーディーに行われることなどです。

また、ビジネスローンエール500のように多くのビジネスローンでは新規開店などの場合でも事業計画所提出で申し込み・審査ができるので実績がないことを理由に銀行融資を断られた場合に検討するのもいいかもしれません。

同様に会社の業績が浅いことを理由に銀行融資を断られたときにも選択肢になります。

企業経営をしている、起業を考えている人の中にはビジネスローンの利用を調べている方もいるのではないでしょうか。

その際はなるべく金利を低く抑えて借りたいですよね。

その場合は公的融資もしくは銀行機関の行う融資がよいでしょう。

例えば、足利銀行の場合では創業期向けのローンや農業経営者向けのローンなど様々なタイプのローンが用意されているので借主の状況によって選ぶローン商品も変わりそうです。

気になる金利も第1・第2創業期向けローンでは5年以内の返済では通常金利で1.8%とノンバンク系ローンと比べかなり低くなっています。

また、1000万までの借り入れでは原則担保不要なようです。

個人事業主、自営業者にとって必要なことはわかりますか?それは新規事業の立ち上げや設備投資するための資金調達です。

個人事業主は法人と比べ資金調達方法の選択肢が限られているという現状があります。

例として、法人の場合では、日本政策金融金庫や銀行プロパー融資など経営状況によって様々な選択肢がありますが個人事業主では日本政策金融公庫や銀行融資は審査に通らない可能性が高くなっています。

そういったときの資金調達方法にオススメなのがアプラスをはじめとしたビジネスローンの利用を検討しましょう。

ビジネスローンごとに金利など細かい条件は違うので自分にあったローンを選びましょう。

日頃、TVを見ていると、ビジネスローンのビジネクストというようなキャッチコピーをよく見たり聞いたりすることが多いです。

こういったキャッチコピーはなんとなく語呂が良いのもが多く、頭に残ってしまいますよね。

同じような意味を持つ言葉でキャッチフレーズという言葉もありますがキャッチコピーとはどのような理由から使い分けされているのでしょうか。

調べてみたところ、人の心に訴えかける言葉という意味ではほとんど同じものと考えても良さそうですが厳密にはどのようにその言葉を使うかによって違いが発生するようです。

キャッチコピーは宣伝目的に限定されたもの、キャッチフレーズは自己PRなど営利目的以外にも使われるそうです。