住宅ローンの頭金はいくらあればいい?

住宅購入の際に絶対に必要になるのがフラット35住宅ローンです。
申し込みは銀行、または信用金庫から行うのが一般的です。
申し込むときには、銀行に様々な資料を提出します。
なんといっても、35年という長期間、多額の現金を貸し出すわけですから銀行も、あなたの現在の年収・勤続年数や過去の借金の状況などにこだわり審査をします。
以上の事から、住宅ローンは申し込めば確実に通る。
というものではありません。
通らなかった・・という方もたくさんいらっしゃいます。
よく見られる基準として、年収は300万以上・勤続3年以上これが最低クリアしなければいけない年収のラインと言われています。
将来、新築か中古の物件を購入しローンを予定されている方は返済期間をどれくらいで設定し完済するのか決めましょう。
一般的には、35年ローンで申請される方が大半ですが調査結果では、満期より短い期間で返す方が多いようです。
大部分の方が、借入れをしてから10年以内を目安にしています。
思い掛けない収入が入った場合など、それも返済に充てたい時は手数料が出来るだけかからない銀行で選ぶと良いですね。
今の収入や生活状況をしっかり把握した上で、月々の支払いが滞ることの無いようにする事が大切です。
まずは口コミや評判なども参考にすると良いですね。
住宅を購入する際、必ず保険会社に加入します。
その保険の名前は「団体信用生命保険」といいます。
団体信用生命保険という物は、ローンを組む世帯主に万が一の事があった場合、ローンの残額が無くなる。
という保険です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
どの保証会社かはその銀行によって違いますが保証料は銀行負担という所がほとんどです。
自分で保証料を払う必要がないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。
自宅が欲しいと思ったときほとんどの人が住まいの融資に頼ると思います。
銀行や信用金庫などから申し込みができるのでせっかくなら評判を気にして選びたいところです。
その折に見ておきたいのがネットの口コミサイトです。
サイトでは、資金に関することのほか社員の態度やお店の雰囲気などまで細かい所まで見ており、星の数でその良さを示している所もあるのでより良い契約にしたいと思っている方にとって大変貴重な良い参考になるかと思います。
建売住宅の購入を考えていらっしゃる方も多いはず。
手に入れるにはまず住宅ローンを組まなくてはいけません。
住宅ローンは大手のメガバンクや地方銀行、信用金庫で組む事が出来ます。
ローンの申し込みをする際は、審査に通らなければいけません。
審査時間はだいたい数週間を見ておきましょう。
ローン金利の決定は実行された月になります。
諸費用は人それぞれですが、少なくとも数十万円はかかると思っておいても良いでしょう。
マイホームが欲しい!と思っても自分の手に入るまでこれらの用を済ませて行かないといけません。
多くの方が申し込み〜3.
4カ月かけてマイホームを手に入れると思います。
これから住宅ローンを借りたいという方は、銀行に支払う手数料がいくらかかるのかしっかり把握しておく必要があります。
今までの口コミでもおよそ1割程度かかっているようです。
住宅ローン金利だけ比較すると安いと感じる銀行もありますが、全てを合わせたら予想していた金額よりも上回ってしまい、実は高くて損をしてしまったということも。
そういう理由で、細かい費用も合わせて総合的にいくらになるか合計でシミュレーションすることで、全体像が見えてきます。
実例を挙げると、金利が安くても保証料が高かったりその他の費用でかさむ場合もあるので注意しましょう。
まだフラット35住宅ローンが残っているのに離婚するような事になったら、残りのローンの返済は誰が支払うべきなのでしょうか。
ことに幼いお子さんがいる方は、ローンはもちろんの事、子供を育てる責任があるので別でお金を払う必要があります。
まずは不動産の名義人は誰なのか、契約内容もしっかりと確認し、後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。
家を売ってお金にするという方法もありますが、判定してもらった金額がローンより安ければ、夫もしくは妻がその残高を支払う責任があります。
こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

住宅ローン頭金ゼロで審査通る?【年収シミュレーション!】